優良賞

画像

みなさん、こんにちは。

 

夏真っ盛りな暑さはどこへやら。雨が降るたびに涼しく、そして段々と寒くなっていくこの季節が来ましたね。太陽が沈むのも早くなり、どことなく寂しさが漂う気がします。みなさんも季節の変わり目に風邪など引かないよう、体調管理は気を付けましょうね。

先日の北海道地震で、改めて地震の恐ろしさを思い知りました。南海トラフ地震が来ると言われている今、私たちができることは何かあるのかな?なんて思っていると、「高知家の燃料確保大運動」なんて文字が。。みなさんは、ご存知ですか??

車両の燃料残量が半分となる前に、こまめな満タン給油を心がけようという取り組みです。誰でも簡単に取り組むことができ、また、その心がけ一つで災害時に緊急車両等への優先的な給油が可能となります。些細なことですが、一人一人の取り組みが大きな力となるのではないでしょうか。そしてそして、私たち建設業に携わっている者は、応急対策活動のための燃料備蓄も心がけておきましょう。

ちょっとしたことでも、やるとやらないとでは大きな違いです。台風とは違い、いつ来るかわからないからこそ、普段からの備えが必要ですよ。このブログで知った方も、すでに知っていた方も、こまめな満タン給油を意識してみてくださいね。

 

さて、本題に入りましょう。

この度、平成30年度高知県優良建設工事施工者表彰が発表され、優良賞を受賞することができました。昨日、表彰式が無事に終わり、コチラでご報告できるようになりました。

改めまして、

道交地(改築)第101-007-2号 県道中平梼原線社会資本整備総合交付金工事          (工期:平成28年9月10日~平成29年6月30日)

にて、優良賞を頂くことができました。こちらの工事は、高岡郡梼原町初瀬地区の道路改修工事でした。2016年12月27日に更新したブログ「やってみたかったこと」の回でご紹介しました、作業リフトの現場です。あのブログを書いたのはついこの間のような気になっていましたが、、、時間の流れが早いです。

この現場では、様々なことが課題であり、その中の一つに施工範囲が上部に限られる中での掘削・機資材搬入だったため、作業リフトがとても役に立ちました。他にも、高低差が大きく圧送性の低下が想定された吹付工事の品質管理など、書き出したらキリがない程、課題山積みで始まった現場でした。

結果として、挑戦が実を結んだ現場となりました。

 

そして、地元の皆様、工事期間中は通行規制等でご不便をお掛けしました。皆様のご理解とご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

また、協力業者の皆様、ご協力ありがとうございました。あちこちの現場で引き続きお世話になっておりますが、引き続きご協力をお願いいたします。

 

金足タイフーン

みなさん、こんにちはー。

いやぁ~第100回大会の甲子園、感動しましたね~。普段プロ野球に全然興味のない私が、なぜか甲子園だけは見入ってしまうんですよね~特に夏!!高校生の全速力・全力プレーに引き寄せられるんでしょうね。また、勝ち上がってくるまでのストーリーがよくできてる!なんなんでしょうかね、あれは。大阪桐蔭の中川キャプテン、去年の屈辱を晴らすためのこの1年、長かったでしょうね~。きっちり甲子園に戻ってきて優勝して、出来すぎたストーリーですよ、思わずウルっときました。プレッシャーを跳ね返しつかんだ頂点、輝いていましたね~王者の貫禄ってやつですね。それ以上に盛り上がりを見せたのが、金足農業でしたね。縁もゆかりも無いのに気づけば必死で応援してました。冬はグラウンドで練習できない東北校の底力、見せつけられました。しっかり甲子園の記憶に爪痕を残していくあたり、さすがです!!

 

そしてそして、違う爪痕を残していったのが台風20号。いや~もうほんと、言葉が通じるならやめてくれと一言言ってやりたいです。まだ7月豪雨の傷が癒えぬうちにやってくるなんて、卑怯なヤツですよ。と言ったところで相手は自然なので通じるわけもなく、おとなしく過ぎ去るのをただただ待ちました(←寝てただけ)。正直、高知市内はあまり雨風も強くなく?終わりましたが、雨が止んだからといって増水した川や、海に近づくのはやめましょうね。地盤も緩んでいますので、引き続き警戒が必要です。

 

 

さて、本題に入りましょう。今回は、大豊の現場リポートします。前回大豊を紹介した時は掘削まででした。今日はそれからの現場をお送りします。

上の写真でラス金網を張って、下の写真で受圧板の背面処理に取り掛かり~、

そしてそして、鉄筋を組んで吹付をしているのが下の写真。

表面のコテ仕上げをするとこんな感じ。このあと養生マットして一段落。歯抜けになっている部分も引き続き同じ作業をします。

とりあえずこんな具合で大豊の現場は地道にやっておりまーす!(本題の薄っぺらさ半端ないって!)

 

と、今回はここまでになります。前半に力を入れすぎて、本題の現場状況をないがしろにしているわけでは決してないですよ。こちらの現場はこれからが本番ですので、またアンカー作業始まったころに報告できればと思います。

 

さ~て、次回は・・・正直ネタ集めが難航してまして困ってます。

あ~またブルーインパルスでも飛んでこないかな、そしたらもう一回書けるのに。

なんてね。

 

ブルーインパルス

みなさん、こんにちは。

 

高知と言えば、よさこい!!今年も熱い4日間が終わりましたね。踊り子さんたちって本当にすごいですよね。暑い中、飛んで跳ねて踊って、本当に尊敬します。私なんて、現場で立てっているだけで参るのに。アスファルトの上で踊るなんて、考えられません。例のあの人の息子も踊ってました。(ヴォルデモートじゃないよ)ニコニコ楽しそうで本当にエライ!!

こんな高知の夏を、今年はブルーインパルスがさらに盛り上げてくれましたね~。見ました???操縦席からは、どんな景色なんだろう~かっこいいなぁ~って、気付けば夢中で動画を撮っていました。(←仕事しろって話ですね)

 

なんだかんだで、あっという間に盆も過ぎ、駆け足で9月に向かっています。台風も来そうですし、また雨の日が続きますね。まだ西日本豪雨の爪痕が残っているというのに、、、自然には勝てません。容赦ないですね。

 

次回はまじめに現場リポートしまーす!さ~て、どこの現場が協力してくれるのかな??

平成最後の夏休み

みなさん、こんにちは。

 

あまりの暑さに何もしたくなくなるのは私だけでしょうか。寝ても覚めても暑い毎日に、何か癒しはないかと模索中です。

最近夏休みを謳歌している子供たちをよく目にします。浮き輪をもって自転車を漕いでいる子や、部活カバンを持っている学生など、それぞれの夏休みを過ごしているのを見ると、朝から晩まで近所の川で泳いでお腹がすくとポテチをつまんでいた小学時代を思い出します。雨の日にはゲームをしながらポテチを食べて。コントローラーが汚れないようにお箸を使ってみたり。そんな知恵だけ一丁前になったことを思い出して、なんてもったいない時間を過ごしていたんだろうと、今になると思うけれど、単純にそんな毎日に満足していたならいっか。とも思います。二度と戻ってこない夏休み、子供たちには精一杯満喫してほしいものですね。

そして、夏休みの無い大人の皆さん、通勤時間のみならず昼間も自転車に乗る子供たちがいることを忘れずに、車の運転など十分に注意しましょうね。みんなが笑顔で過ごせるよう、交通マナーを守りましょう。

 

 

さて、今回は通行規制しますよー!と以前お知らせした、トンネル工事をご紹介したいと思います。すでに五台山トンネルの工事は完了してますが、まだ大畑山東トンネルと大畑山西トンネルは工事していますので、夜間通行規制に引き続きご協力お願いします。

日々、地道に補修工事を進めています。通行車両がある中での作業なので、神経を使いますが、日中の暑さと比べ夜間は若干涼しいのと、トンネルの中なので雨も気にならないのがこの現場の良いところ。この季節にはモッテコイの仕事ですね。

ただ、家へ帰って寝ていると近所の工事の音や、生活音、あと気温にやられてしまうのだとか。太陽がまぶしいなんて言ってます。そんな夜行性の生活も残りわずか。きっと、次の現場へ行くと熱さにやられてしまうんでしょうね。

 

次回は、何を書こうかな。。。あ!よさこい祭りの万々演舞場の様子でもお伝えしようかな~。正直、現場ネタが切れています。どなたかデータを恵んでくれると助かるのですが。困ったもんだ。

 

夏と言えば

みなさん、こんにちは。

暑い暑いあつーい!連日猛暑続きで気が滅入ってます。みなさんは熱中症対策されていますでしょうか。現場の方はもちろんですが、建物の中でも熱中症になりますので、気をつけましょうね。現場での熱中症対策はできることに限度がありますが、やらないよりは、やったほうがいい。改善できるところは改善して、現場環境を少しでも良いものにして頂けたらと思います。

私的にはヘルメットへつける麦わら帽子がオススメです。肩まで影ができて顔に直射日光が当たらないので暑さが違いますよ。この時期特有の積乱雲。雷が鳴ったかと思うと土砂降りになるこの季節、ストレスだらけのメガネユーザーさんはメガネが濡れないので、ノンストレスですよ。

 

さてさて、今回は前回書けなかった四万十町の現場を書こうと思います。

なかなかデータをくれないあの人がデータをくれました。珍しすぎて、え!?っと思っていると、とある方から言われたのだそう。その節はお世話になりました。ありがとうございます。伝えて頂いたお陰で、ブログ書けます。感謝です。

 

まず、着手前から写真でサクサクっと振り返りましょう。

対岸から撮影すると伝わりにくいですが、下からこの現場見上げるとオーバーハング気味になっていて、足がゾワッとするところです。この現場へ何度行っても足のゾワゾワは収まりません。

最初の写真からあっという間に数か月。・・・えっ!??

違う違う違う!私的にはもっと小刻みに細かな工種ごとで写真を掲載してブログのネタをかせぎたかったのに。。。なんて言えません。なんてったって、データくれたことが奇跡なんで。わがままは言いません。

写真ではすっ飛んでいますが、測量して、ラス張って、割り付けして、法枠組立て、そして吹付しているのが上の写真。もちろん資材はケーブルクレーンで運搬ですよ。

こちらの写真が、現在の写真です。吹付作業が完了しました。
って、ちーがーうーだーろー!小刻みにってこういう意味じゃないだろー!工種ごとって意味だろー!って一時期有名になった元議員さんみたいに言いたいですが、ここもグッとこらえて。

次回データをいつもらえるかはわかりませんが、またいつか続報を書きたいと思います。

 

 

最後になりましたが、

今回の西日本豪雨災害の被災者の方々にお悔みとお見舞いを申し上げます。県内でも土砂崩れなどの被害状況が報告されておりますが、被災された皆様が安全で平穏な日々を取り戻せるよう、1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

黒部のこばなし

みなさん、こんにちは。

関東が梅雨明けしたので、そろそろ四国も梅雨明け発表されるんじゃないかと思っていた矢先の台風に、見事にやられましたね。台風直撃するわけじゃないし~と軽く考えていましたが、思いのほか雨も風も激しすぎて色々大変でした。ところで、いつ梅雨は明けるのでしょうか・・来週かな?

そんな昨日は、台風と旅行が重ならなくて良かったな~と改めて思った一日でした。

 

さて、今回は四万十町の現場をご案内します。

と、書きたかったんですが、肝心な写真データが来ない!!何度言っても来ない!!!メールはスルー、ラインは既読スルー、電話は話題スルー。ってことで、今回のブログは前回の黒部ダムの小話をご紹介したいと思います。

 

黒部ダムが14mm動く話。

下の写真のように満水時にはダムの提が外に14mm動くんですって。水圧で押し出されるようなイメージ。旅行の日にも職員の方が測っていたそうですよ。なんかすごいですよね。

 

黒部ダムへ続くトンネルに、まだジャッキがかかったままの状態やった。なんて話も数人から聞きました。写真でもあればもっとわかりやすいんですが、話だけなので、私もイマイチ理解しきれていないんですが。

 

あとは前回のブログでは紹介しきれなかった写真(今頃になってみんなくれたんで(遅))を紹介します。あ、ちなみに小話はもうネタ切れです。どうやってブログを締めくくろうとそればかり考えてます、さっきから。

まだまだ雪が残る別世界。ホテルは毎年4月中旬から11月上旬までの営業で、先陣は3月の除雪作業から始まるそう。こんなことを教えてくれたバーテンダーさんは、ホテル冬季休業期間は違うホテルでバーテンダーしてるんですって。こんな大変な思いをしてまでもこのホテルに戻ってきたくなるそう。何が魅力かって?行った人にしか分からないものなんでしょう。。はい、なので私には分かりません。

そんなに素敵なところなら旅行行っておくべきだったな。と改めて後悔。

今回の旅行は今までで一番良かった!って古株の方(めっちゃ失礼)が言ってました。そんな回を逃してしまった私は、どうしたらいいんでしょうか~~~

2回にわたってお伝えした、旅行のお話は終わり。さて、そろそろ現実に戻りましょうか。

って、わたしは四万十町の現場を書く算段でブログのページを開いたんですが・・・冒頭お話しました通り、データ・・・まだもらえないんです(;=;)もらえたら書きますね。

 

では、それまでまた~。

 

圧巻の黒部

みなさん、こんにちは。

今回のブログは現場から少し飛び出して、ふら~っと気軽に書ける社員旅行の回にします。

先週、立山アルペンへ行ってきました。まず白川郷でのおいしいランチ。なかなか予約が取れないとかなんとか・・・。合掌造りの家の中で食べる焼肉ランチ、絶品でした。あ、ちなみに今回の旅行、私行ってないので全ての話が聞いた話ですよ。

一日目の宿泊は標高約2000メートルにあるホテル。これが高山病?と思うくらいしんどいところでした。もちろんホテルの売店に酸素売ってました。まぁ寝る頃には体も慣れてぐっすり眠れたんですけどね。

まだ、雪があちこちへ残るところはまだ上着が必要で、澄んだ空気とはこのことかな?ってくらい肺までスーッとした冷たさが残る薄い空気を吸って歩く湿原は、ほんと気持ちがよくって。

 

ロープウェイ・ケーブルカー・トロリーバスを乗り継いで今回の目玉、黒部ダムへ。圧巻。石原裕次郎の黒部の太陽も全然知らない世代ですけど、圧巻の一言。ピラミッドを積んだ古代エジプトの人たちもすごいけど、このダムに携わった人たちもすごいですよね。(比較対象がデカすぎて黒部が半減かも?)いや~でもすごい。まぁ行ってないのにペラペラとブログ書いてる自分が一番すごい。(怖いって意味で)

梅雨の時期の社員旅行でしたが、お天気には恵まれて、とてもいい体験ができた旅行でした。

 

夕日を追いかけて高知へ帰ります。

 

 

今年も大豊

みなさん、こんにちは。

蒸し暑い日が続いていますね~。何もしていないのに勝手に汗が流れてきます。痩せそうで痩せられないこの季節、覚悟が足りないのは自分自身。なんて思いますけど、夏バテしないように、体調管理をきちんとしないと仕事になりませんもんね、なら食べなくちゃ!と脳が指令してくるので、なおさら食べることをやめられません。みなさんも、これからの季節は、早めの水分補給と、食べ過ぎない程度にモリモリ食べて、深酒やめて十分な睡眠で日々の疲れを溜め込まないよう、体調管理は気をつけましょうね。

 

さて、今回は大豊町の西梶ケ内地すべり工事の現場レポートをお伝えします。

先日初めて現場へ行ってみたんですが、久しぶりにこんな狭い道を通ったなーってくらい狭い道をグイグイ行ってきました。大豊方面の現場はいつも狭い道の向こう側に現場があるので、覚悟していたんですが今回も案の定、ドギマギしました。

って私の話はさておき、現場は今日も施工中です。

右上の赤い部分が今回の施工範囲になります。

工事内容は、受圧板N=26基、アンカー工N=26本(L=949.3m)です。

それでは始まったばかりの現場へご案内しま~す。

セカセカと伐採作業をし、施工範囲の伐採作業が無事終了。つぎは、掘削作業です。

こちらの写真は、施工前写真の一番左側の施工範囲になります。元々は、畑をされていた土地なせいか、梅雨で雨の日が続くと、足元はぬかるんだようなベチャベチャな状態となるようなところです。歩きにくいなぁ~なんて生意気なことを言ってしまいまして。。。

とりあえず、こんな調子で大豊も順調に進んでおります。

また、報告します!!

 

こんな狭い道いっぱいに紫陽花がニコニコ出迎えてくれるようなところでした。

 

通行規制のご案内(県道高知南インター線)

みなさん、こんにちは。

いよいよ梅雨の季節がやってきました。毎日ジメジメと蒸し暑い中で、気分も上がりませんよね。ほんと、嫌になります。無駄に汗を掻いてしまうこの季節、こまめな水分補給で夏本番に備えましょう。

 

先日、高知市のとある交差点で一日座って交通量の調査を行いました。市内なのでもちろん交通量が多いのは知っているのですが、それを一日座って数えるとなると話は別。太陽が東から西へ傾く間中、ただひたすら車の数をカウントするのみ。とても長い一日でした。。。と書いたけど、私が座ってカチカチしたわけではないので、詳しくお伝え出来ないところがネック。

交通量調査から始まり、これから本格的にトンネル補修工事に差し掛かります。ということは、、、通行規制が伴います。そして、今回のブログはそのお知らせです。

 

高知市葛島から高知市仁井田を結ぶ、県道高知南インター線の

五台山トンネル(上り線)

大畑山東トンネル

大畑山西トンネル

にて修繕工事を行います。工事に伴い、下記期間にて車線減少の交通制限を実施します。また、通勤通学路となっている為、朝夕のラッシュ時間(7:00~9:00 ・ 17:00~18:00)を避けて工事を行います。

通行規制期間 : 平成 30 年 6 月 11 日 ~ 平成 30 年 8 月 4 日

通行規制時間 : 昼間 9:00 ~ 17:00    夜間 21:00 ~ 翌 6:00

本工事では、夜間作業を行います。安全第一で交通誘導を行い、交通障害を起こさないよう努めます。

道路利用者にはご不便とご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

高知の夏といえば「よさこい」。祭りまでには工事を終わらせ、鏡川で打ちあがる花火をビール片手に眺めたいものです。といいますか、よさこいまでに終わらさないと、お盆休みもあって工事ができなくなってしまうので、約1ヵ月半と短いですが安全第一で頑張ります!!

 

梅雨の間、トンネルの中で過ごせてラッキーなんてことは1ミリも思っておりません。暑い夏をヒンヤリとしたトンネルの中で過ごせてラッキーなんてことも想像しておりませんよ^m^ヒャッホーイ

 

前回の続き

みなさん、こんにちは。

 

ゴールデンウィークが終わって2週間が過ぎました。暑い日もあれば心地よい風が吹く日もあって、今の時期が過ごしやすくて気持ちいいですよね。これから梅雨に入りジメジメしたかと思うと、一気に真夏がやってきて暑さに耐えられない日々がやってきますね。私は毎年と言っていいほど目を焼いてしまい、その度痛くてボロボロ涙が出ます。あまりよくないらしいので、同じ症状がある方はサングラスをかけるなど対策をしっかりしてくださいね。お互いにがんばりましょ。

 

さて今回は、前回もご紹介しました安芸市畑山の畑山仲木屋線の現場の続きです。

前回のブログでは施工前からの様子をご紹介していたんですが、肝心な作業完了後の写真を載せられなかったので、今回ご紹介します。

今回の写真は、前回のように上空から撮った写真ではないのでアングルが違っています。

まるで魚眼レンズのカメラで撮ったような写真ですが、本当にそのようなレンズで撮ったのかは分かりませんが、こんな感じでコチラの現場での作業は終了になります。

サクッと簡単にご紹介しましたが、雪で現場にたどり着けなかったり、大雨で残土場が流されたり、道が掘れてしまい通れなかったり。しかも雨の日にこの現場特有の赤い土が付くと、なっかなか落ちないそうな。様々な事で天候には苦しめられた現場だったようです。そんな現場もあとは片づけを残すばかり。梅雨の季節が来る前に終わりそうで、一安心。

 

 

 

さぁ~て、次回のネタは~(サザ〇さん風)

サザ〇です、雨の日の外出が一番ユウウツ。洗濯もユウウツ。髪の毛のセットも時間がかかるし、本当に雨なんていいことがないわ。どこかに逃げ込みたいくらいだわ。

さて、次回のネタは、

交通量が多すぎて

トンネル工事が始まるよ

合羽着なくてすむんじゃない?

の3本です。次回もまたみてくださいね~ジャンケン・・・ポン。うふふふふふ~