やってみたかったこと

いよいよ今回が、今年最後のブログになります。

今年一年、県内様々なところで仕事をさせて頂きました。地域住民の皆様や、協力会社の皆様には大変お世話になりました。皆々様のご協力のおかげで、無事に本年を過ごせましたことを、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。また、来る2017年も新しい挑戦と、ひらめき力で、トリのように大きく羽ばたける一年にしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


みなさん、こんにちは。

今年一年、どのような年でしたか?今年こそ〇〇をしよう!と思っていた方、目標は達成できましたでしょうか?今年こそは!と毎年同じ目標を掲げていたりしていませんか?そんな方のために一言。諦めも肝心ですよ。

スラ〇ダンクの安西先生の名言に「諦めたらそこで試合終了ですよ」とありますが、そもそも試合はいつ終わるのか?いや待てよ、そもそも始まっていないんじゃないか??なんて考え出すと、試合=人生なのか!??? え!?そんなハーフタイムも無い長い試合を交代要員無しで全力疾走なんて、なかなか難しい。。。と、年末にこんな事を考えてしまうのはなぜでしょう?

答えは簡単です!なぜなら私が毎年同じ目標を掲げてしまうズボラ人間だからですね。

 

さ~て、脱線しすぎたので、ココからはまじめに書いていきたいと思います。

今回は、梼原町初瀬の道路改築工事の現場をご紹介します。本格的に作業が始まったのが10月頃。まずは、防護柵を設置して、伐採を行い、法面工事に取り掛かります。

分かりやすくするために簡単に施工範囲を囲みました(誤差あり)が、この写真でわかる通り、今回の工事施工範囲は法面中腹までの範囲です。なので、以下の事が重要なポイントとなりました。(ちなみに、現道から法尻までの高さは約40mあります。)

1、切土工に用いる重機(バックホウ)を法面へ上げるには施工範囲外の掘削が必要となる。

2、アンカー工では資材等の運搬にケーブルクレーンが必要となる。etc.

と、色々課題がある中で、何かいい方法はないか?なんて考えていると、法面の仕事をしていて一度こんな事やってみたかった!ことの一つを思い出したのだそう。(考案者語る)

それが、「法面エレベーター」です。このブログの最後に動画をアップしているので、そちらを見てもらえると分かると思いますが、重機でも資材でも何でもエレベーター式に上げてしまおう作戦が功を奏し、バックホウを約10分で法面まで上げることが可能になりました。ちなみに、写真でお伝えするとこんな感じです。

 

動画では重機だけですが、ステージの手摺は着脱式なので、資材や機材など様々な物を安全に運ぶことができます。うんと便利。なんと便利。

現場でのミスは、大きな事故に繋がるので、なかなか新しいことへのチャレンジは大変ですが、だからと言って常識にとらわれているのは堅苦しい。アイデアをいざ形にするには現場職員のたくさんの経験と知識が必要なので、会社全体で取り組む必要があるんですね~。なので、馬鹿げた事でも思い切って口に出してみる。着眼点は人それぞれ。案外面白いアイデアに出会えるかも・・・。

 

「私は失敗したことがない。ただ、一万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。」

と、かの有名なトーマス・エジソンが言っています。

失敗を恐れるなと言うことなんでしょうが、ただ、現場では大きな事故に直結しますので、皆さんくれぐれも気を付けてくださいね!

 

 

自由は土佐の山間より??

みなさん、こんにちは。

 

今回は、香美市物部町の現場を紹介します。この現場は、まだまだ始まったばかりですが、始まりましたよー!のブログを書かないことには終わりをご紹介できないので、数ヶ月後のブログのネタ切れ予防のために、今回はこの現場を書きたいと思います。

が、その前に、先週の16日は一気に気温が下がり、東津野事務所近辺も雪がチラチラしてました。翌17日の午前中には、東津野事務所前の橋の上でスリップした車が道路標識に激突する事故があったそうです。これからは、朝晩の冷え込みで路面が凍結している箇所も多いので、皆さんも車の運転には十分にご注意ください。

 

さて、本題に戻ります。

下の写真は、着手する前の写真です。

土工工事と法面保護工事が主な作業の現場です。

今現在は、土工作業中です。これから気温が一気に下がり、雪の心配が必要な時期になってきましたね。これからは、作業はもちろんのこと、写真でも分かる通り険しい林道が通勤路となる現場なので、いつも以上の注意が必要な現場の一つです。

現場の進行中の写真を入手することができていないので、今回はドーノコーノ言いようがありませんが、次回コチラの現場でブログを書く際は、もっと詳しくお伝えできればなぁ~と。

 

今年も残りわずかですが、もう一回くらいは更新したいと思います。それでは今回はこのあたりで失礼します。チャオー!

 

 

 

越知完結

みなさん、こんにちは。

サボり気味だったブログを、こんな頻繁に書いている自分に驚きです。この気まぐれ熱が、いつ冷めるかは分かりませんが、年内は頑張りたいと思います。まぁ残り数日なんですけど・・。

なぜこんな頻繁に書いているのかと言うと、完成した現場がいくつかあり、始まった現場もいくつかあるため、ネタがわんさか状態です。書くことが無い時は全くないのに、ネタが集まるときはまとまってやってきます。よくあることなのでしょうが・・・。

 

さて、今回は、越知町横畠北のアンカー工事の完成を報告しようと思います。

上の写真が、以前に載せた着手前(ちょっと角度が悪い)の写真です。

そして、下の写真が完成時の写真です。

受圧板23基、アンカー56本、最後は畑の真ん中を通していた仮設道を撤去する作業でした。もちろん土工もあり、受圧板工に取り掛かるまでに梅雨で雨の日が続いたため、切土面の保護に少し力を入れてみました。その成果もあり、雨での崩壊や切り直しをする必要なく、次工程に進み、夏真っただ中の暑い日に鉄筋の組立、生コン打設など過酷な毎日でした。

今年の夏ほどミスト扇風機をありがたく感じたことはないってくらい。(毎年思うことの一つ)

そして、下の写真が仮設道を撤去したあとの写真です。

ちょっと太陽が沈みかけた時の写真なので見にくいですが。ちなみにこの現場、夏は16時までカンカン照りが続き、冬は正午くらいには太陽が山に隠れ始め、とても作業するには酷な現場でした。まぁどこの現場へ行っても同じですが。

ちなみに、アンカー工はなかなか苦戦しました。初めの頃は、硬いっすね~とオペさんが苦笑いで言っていたのが、少しずつ工事が進むにつれて、表情が硬くなっていくのがとても印象的で、セコンドから白タオルが投げ込まれるのも時間の問題かってくらい。周辺の畑や山椒の木への配慮も必要で中々手ごわい現場環境でした。

そんな現場環境の中、また、狭い搬入路など作業以外の面で苦労することが多かった現場ではありましたが、無事に工事が完了できました。お疲れ様でした!

 

地域住民の皆様

無事に現場も終わり、横畠北地区にやっと静けさが戻ってきたのではないでしょうか。工事中は、作業音や工事車両通行でご不便をお掛けしました。皆さまからの温かい言葉が励みにもなりました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

協力会社の皆様

皆様のご協力のおかげで、工事を無事に完了することができました。本当にありがとうございました。また、他現場でも皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいします。

 

 

 

長崎第二弾にして完結

みなさん、こんにちは。

前回に続き、長崎にて作業中の高所作業車の最新状況と、作業写真をUPします。

風車の翼の取り付け作業時の写真です。地上から70Mまでブームをフルに伸ばして作業中です。

地上から撮影したので、ステージの上の風景はお伝えできませんが、カメラでアップにして撮影するとこんな感じです。

風車のほとんどは山の上や、海の近くに多く設置されているイメージなのは私だけでしょうか?きっとあのステージ上からの景色は絶景で、五島列島や東シナ海が見えたりするのかなぁ~なんて想像してしまうのですが(本当に見えるのかは知りません。あくまでも、私個人の想像の世界です。)

実際現場で作業をしていないので、こんなノンキな事を考えるのですが、寒い風に吹かれて作業する作業員の方々は、そんな悠長なことを言っている場合ではないのでしょう。背後の景色に惑わされる事なく、黙々と作業実行中です。