伊方にて

みなさん、こんにちは。ご機嫌はいかがですか?私はドンヨリ気分です。

 

また、台風がすぐそばまで来ていますね~。色んな物が飛んできたり、飛んで行ったり。できることなら来ないでほしいですよね~台風のせいでスーパーの野菜がドンドン値上がりしてしまって本当に参りますよね~。車作ったり、飛行機飛ばしたり、惑星発見したりできるのに、自然には太刀打ちできない、このちっぽけさ。

それにしても連日の雨のせいで、私の現場近くのお百姓さんも困った様子。仕事にならない現場もあるのではないでしょうか??気付けば、あっという間に夏が終わり、日が沈むのも早くなりました。これからは少しずつ寒さがやってきて、どんなに重ね着しても耐えられない冬が舞台袖で出番を待っている頃でしょう。

 

さて、今回は高所作業車をお伝えします。

「高所作業車の出動回数が一番多い作業」と言っても過言ではない!のかはわかりませんが、よくこちらのブログへも登場しています、風車のメンテナンス作業へただ今出動中です。

 

作業車のステージには、メンテナンスをする作業員さんが数名ほど乗り込んでおり、黙々と作業をこなす一方、操縦席では、次の作業場所への移動指示が出ない限り仕事は無く、2~3時間待機することもザラにあるのだとか・・。それはもちろん仕事なので仕方のないことだとは思いますが、ある意味なかなかハードな仕事です。

その時間をどう過ごしているのかと思いきや、ただひたすら下の操縦席で無線が入るのを待つのだそう。まぁ、当たり前っちゃ当たり前なんですけど。この日はちょうど、曇り。そんなに暑くもなさそうな天気ですが、晴れの日にはエアコンをつけても窓を開けても、暑くて暑くてたまらないみたい。退屈すぎて一日が長く感じてしまいそうですよね。

「そんなに長い時間、正直かなりヒマなんじゃない?」って聞くと、

「ん?瞑想しよったら無線が入る。」ですって。

 

やっぱ、物は言いようなんだなぁ~