レンジャーたる所以

みなさん、こんにちは。

段々と暑くなってきました。先日の熊本地震から余震も含め、熊本のみならず九州地方で現在も揺れを観測しているようです。たくさんの被災者が、今もなお避難生活を強いられている様子を連日テレビや新聞で目にします。これから来るであろう南海大地震に備えて、私たちが今できることは何かを考えて行動しないといけないと改めて思い知らされます。

この度の熊本地震で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

さて今回は、鏡的渕の現場報告です。

DCIM100GOPRO

今更どこからが8号で、どこからが9号なのかを話するわけではありません。無事に終わりましたよの報告です。こちらが完成写真です。

完成写真を見れば見るほど、筋肉質な競走馬の毛並みのように見えてオルフェかな?ディープかな?なんて栗毛か鹿毛かをひたすら考えてしまって・・・部位的には前足の付け根からお腹まわりにかけてって感じでしょうか。なんて、私個人の感想は置いといて。。。

 

さて、ここからは真面目にやりましょう。

以前に紹介しましたレンジャーの皆さんからコメントをもらいました。レンジャー解散後はハンパないやり切った感を身にまとい、自信ありげなすがすがしい表情でそれぞれの会社へ帰って行かれました。

レッドさん                                                   「まず!地元住民の皆様の御協力に感謝いたします。今回の工事では特に協力会社なしでは工期内完成まで持っていくことができなかったです。限られた時間の中で様々な工種が重なり、本当に終わるだろうかと思った程です。作業員数も大所帯となり、その中で事故等が無かったこと、一致団結し全員が終わらせる意思で工事に取り組めたことが大きかったですね。ご協力に感謝します。ありがとうございました。次の現場でも頼みます。」

ブルーさん                                                   「早急な対策工事が要求された工事のため、現場では荒々しい日々が続き心折れそうな時もありましたが、夜の楽しみのアルコールで心も体もリフレッシュしながら、少しでも早く完成を目指し工事をやり抜くことができました。本工事の完成により、住民の方々に少しでも安心して頂けたら幸いです。ご協力ありがとうございました。」

グリーンさん                                                  「主にアンカー工事を担当させて頂きました。本工事終盤は特に早朝から夕暮れまで地元の方には騒音等でご迷惑をお掛けしましたが、無事に完成できました。ありがとうございました。これから、たるばぁ飲みに行こうと思います。」

パープルさん                                                    「終わるかな?と正直初めは不安な部分もありましたが、いざ作業を進めていくと段々形が見えてきて、終わった時にはホッとしました。やり切りました!ありがとうございました。」

ホワイトさん                                                  「天候に恵まれ、おかげさまで無事に工事完了となりました。地域の皆様、協力業者の皆様ご協力ありがとうございました。これからは田植えの方が忙しくなるなぁ~。」

イエローさん                                                 「地域住民の皆様には、長い間騒音等でご迷惑をお掛けしました。無事に、工事も完了することができました。ありがとうございました。」

 

さすがですね!終わってみれば懐かしい。辛さを口に出さないところがレンジャーたる所以でしょうか。

レンジャーのみなさん本当にお疲れ様でした。

 

 

地元住民の皆様、工事期間中は大型車両や工事車両の通行でご不便をお掛けしました。工事の方でも、事故や災害なども無く無事に完了できましたことを改めてこちらでもご報告させていただきます。皆様の御理解と御協力に感謝いたします。

また、鏡的渕の現場でお世話になりました協力業者の皆様、工期の限られた中であれだけの工事を無事完成させることができましたのも皆様の御協力があってこその結果だと思っております。本当にありがとうございました。また、違う現場でも皆様のお力と知恵を貸していただければと思います。今回は本当にお疲れ様でした。

 

DCIM100GOPROいやぁ~~~やっぱ鹿毛かなー。笑

 

 

 

 

 

匠の技がキラリ3

みなさん、こんにちはー!

いよいよ3回目を迎えました、このシリーズ。まだまだ続きそうですが、集めていたネタがエンスト気味なのでギアを二つほど落としていきたいと思います。

 

今回ご紹介する現場は、横波公園線です。完成当時がコチラ!

image11

そして、現在が~コチラ!

Exif_JPEG_PICTURE

木の影が大きいか小さいか、それくらいの違いでしょうか。

ここの匠ポイントはやっぱり青空を写真に入れるっていうことでしょうかね。笑

横浪と言えば、、、、確かあれは炭酸が美味しかった暑い日のこと。”石の顔”もわからず無我夢中で石積みしたあの日は、ジリジリと焼かれるように熱い背中と、照り返しの熱気を浴びた長い一日。を懐かしむ間も無く、そんな毎日がもうそこまで来ています(;O;)

 

 

二つ目の現場はコチラ。林道東津野城川線です。

完成当時はコチラ。

DCIM100GOPRO

 

現在がコチラ。

Exif_JPEG_PICTURE

景色が全然違うんでイマイチわかりづらいと思いますが、そこは許してください。説明すると長くなりますが、、、私が部長(自称)を務めるブログサークルの部員は私一人。正式に認められた”部活”とは違い、サークルなので活動費はありません。なので、上空から撮影というハイテクノロジーに頼ることもできません。しかし!悲しいことばかりではありません!なぜなら、活動は自由です!!書きたいときに書きたいことを書く!ことができる素敵なブログサークルは随時参加者募集しております。スポンサー協力でもいいですよ。笑

 

東津野城川線のメインは、ボックスカルバートの設置作業。組み立てると高さ幅ともに4M、長さが50Mもある大きな水路。現場に来るときにはロールケーキのように切られていて、その一切がなんと12.9トンもあるそうで、クレーンで吊って設置するにはでっっっかいラフターが必要だけれど、そんな大きなラフターが入るスペースも無いし・・・ってことで、ロールケーキ引っ張り作戦が功を奏し、通常2~3週間掛かる作業を4日で完了させた時には、メーカーさんも驚いていたそうです。

ということで、言葉で説明するのは難しいので・・・動画をご覧いただきましょう。

東津野城川線の匠の技はこれですね!!